お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾講師のアルバイトって面接が大変って本当?どんな面接かな?

塾講師のバイトの気になる噂

塾講師のアルバイトって面接が大変って本当?どんな面接かな?

まず最初に、塾講師のアルバイトの面接が、他のアルバイトの面接と比べて特別に大変というわけではありません。塾講師になるための面接は、普通のアルバイトと同じように、その人の人柄をみるために行われます。

ただし塾講師アルバイトが他のものに比べて少し特殊なのは、あなたは採用されれば先生として子供に教えることになるので、教育者としてふさわしい人かどうかを面接のときに判断されるということです。

あなたは講師、先生として教壇に立つので、真面目な人かどうかや、常識的な考えを持っているかどうかをチェックされます。極端に緊張しないで、受け答えがきちんとできれば、ここは乗り越えられる可能性が高いです。

塾バイトならではの注意点は?

塾講師のアルバイトは子供に接する仕事なので、明るい人柄である方が有利です。内気な性格だと、子供と接することが好きではないのかなという判断をされてしまうこともあります。もちろん、相手の面接官や子供に媚びる必要はありません。しかし、子供が慕ってくれないと、塾講師として塾のアルバイトを続けるのは難しくなってしまいます。

また、塾は学校と異なり、義務教育ではありません。講師が理由で子供が塾に行きたくないと言えば、親は塾をやめさせることもできます。生徒がやめてしまうことは当然塾にとってはマイナスです。そのため、あなた自身が子供を好きで、さらに子供に好かれて、慕われる講師になれると、面接のタイミングで判断してもらう必要があります。

アルバイトとはいえ、生徒や保護者からしたら、あなたが先生であることに変わりはありません。だらしない、不真面目、不誠実のような講師として、生徒に学習を教えるのに不適切だと判断されてしまうと、塾の講師としてアルバイトに就くのは難しいでしょう。

あなたが申し込もうとしているのは確かにアルバイトです。しかし、仕事は仕事として、真面目に取り組む必要があります。講師の仕事というのは、生徒の将来を左右する重大な仕事であることを自覚しているかどうか面接で判断されます。あなたにとって、最大限に真摯な態度で面接に臨む必要があります。とはいえ、緊張しすぎて思ったことを上手に話せないようでは、生徒とコミュニケーションをとるのが難しいと判断され、面接に落ちてしまう恐れもあります。

面接のときに緊張するのは、人間なので自然なことですし、全く緊張しないで、平然と受け答えしたら、かえって親しみにくい性格と思われるかもしれません。適度に緊張していても、自分の言いたいことを、きちんと表現でき、相手に伝えることが大切になります。

そもそもバイトの面接の注意点は?

塾講師のアルバイトでも他のアルバイトでも同じなのですが、面接では基本的に第一印象が大切です。講師のアルバイトというのは子供を相手にする仕事なので、大人以上に第一印象に気を配る必要があります。親しみやすくて、信頼のおける人だと判断されるようにしましょう。

もちろん、基本的なマナーも重視されます。常に人と接する仕事なので、清潔感のある服装をして、相手に対する心配りができることが求められます。面接のときは私服ではなく、スーツなどのフォーマルな服装をしていきましょう。女性なら、メイクは控えめにし、男性なら、髪は短め、髭はない方が良いでしょう。また髪も明るい色は避けた方が無難でしょう。

面接のときは子供に接するわけではありません。しかし、面接官は子供の目線で、応募者の雰囲気や身なりを判断します。塾は子供たちや親の間の評判が大切です。評判を落とすような人材は採用されにくいので、学生だから、アルバイトだからという考え方ではなく一人の大人として、行動できることを印象付けるようにしましょう。

塾バイトの面接では何を聞かれる?

塾の面接の時間は、一般に長めと言われています。自分の学校のことや得意としている科目のことをよく聞かれます。他の質問同様、はきはきと分かりやすく答えましょう。

あなたの性格を尋ねられることもあります。長所をアピールすべきですが、短所も話すようにして、それを改めるために努力していることを付け加えれば、好印象を与えることができます。

自分が教えられる科目についても、質問を受けることがあるでしょう。この質問は非常に大切です。自分が全く教えられない科目はそれを伝えた方が良いです。どの塾でも1科目ではなく、複数の科目を教えられる人材を求めていますが、自分ができないことを無理して「できる」と言ってしまった場合、大変になるのはあなたです。

もちろんあなたが複数科目を担当できる講師になれれば、別の人材を雇う必要がなくなるので、塾長にとってはプラスになります。理想的なのは、英語と数学の両方を教えられることです。この2つの科目は受験で重要になるので、需要が高い教科です。

面接でも、どちらかの科目が極端に苦手でない限り、両方教えられると言った方が採用の可能性が高まりますが、さきほども言ったように無理は禁物です。しかし、苦手でも「やってみます、やってみたいです」と言えることは積極性にもつながり、高評価にもつながるのは事実なので、あなたの判断で苦手な科目をどうするかは聞いておきましょう。

まとめ

塾講師になるための面接では、人間性を問われます。生徒から尊敬されて、慕われる人材であると判断される必要があります。そのためには、親しみやすく真摯な人柄であることをアピールしなければなりません。自分が教えられる科目についても質問されます。できるだけ多くの科目を教えられると言った方が採用されやすくなります。

服装や基本的なマナーを疎かにしてはいけません。清潔感のある服装をして、質問にははきはきと受け答えすることで、生徒ともコミュニケーションを取れることをアピールしましょう。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?