お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾のアルバイトに申し込みたいけど志望動機が思いつかないあなたへ…

塾講師のバイトの気になる噂

塾のアルバイトに申し込みたいけど志望動機が思いつかないあなたへ…

塾のアルバイトに応募する際、履歴書を提出したり面接を受けたりするのが一般的です。その中で塾側が特に重視するのは志望動機といわれています。資格や学歴などは率直に伝えるだけ良いですが、志望動機はそれほど単純ではありません。

考え方などの内面が垣間見えるので、合否に影響を及ぼす可能性が高いのです。しかし、どのような志望動機が良いのか分からない人もいるでしょう。そこで今回は、志望動機に関するポイントを紹介します。

塾アルバイトに受かりやすい志望動機は?

塾のアルバイトは、他のアルバイトとは異なる点がたくさんあります。その中でも特に大きいのは、他人の人生に関わる責任のある仕事だということです。そのため、生徒の成績を上げるという信念を持って働くことを求められます。

その信念を強く感じさせる志望動機を考えると、塾側に好感を持ってもらいやすいです。たとえば、自分が塾のおかげで合格できた経験があるなら、恩返しの気持ちを志望動機にすると良いでしょう。また印象に残っている講師がいるなら、その講師とのエピソードを盛り込むのもおすすめです。

教員を目指していることも志望動機として有効です。講師になって指導経験を積みたいことを伝えると、熱意を持って取り組んでくれると期待されやすいです。ただし、注意しなければならない点もあります。将来の目的のための単なる通過点と考えている印象を与えてはいけません。

採用してもらうからには、塾に貢献しようという姿勢を見せる必要があります。塾のために頑張りながら経験も積んでいきたいと伝えると良いでしょう。また教員を目指すほどではなくても、勉強を教えるのが好きな人も多いです。そのような場合は、勉強を教えたいことを志望動機にしても構いません。さらに指導方法を工夫したいことなども伝えると印象が良くなりやすいです。

逆に塾講師のアルバイトに落ちやすい志望動機は?

塾のアルバイトを始める本当の理由として、お金を稼ぎたいと考えている人は多いでしょう。しかし、そのことを包み隠さずに伝えるのは避けた方が良いといえます。お金を稼ぐことだけが目的なら、必ずしもその塾を選択する必要はないからです。

同じぐらいの給料を貰えるアルバイトなら、他にもたくさんあるでしょう。つまり、その塾を選択した説明としては説得力に欠けています。塾側はなぜ応募してきたのか納得できない可能性があります。もっと給料の良い塾を見つけたら、すぐに移ってしまう恐れを感じさせてしまうかもしれません。そうなると採用されるのは難しくなります。

そのため、お金を稼ぐことが本当の目的であっても、別の志望動機を用意しておいた方が安全です。しかし、本心からかけ離れていることを志望動機にするのは危険です。志望動機を伝えると、多くの場合はそれに関する質問を受けるからです。その質問に答えるときに、本心でないと勘付かれると追及を受けることになるでしょう。

そして志望動機が偽りのものだとばれると、落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。たとえ面接は無事に通ったとしても、働き方などから志望動機が嘘だとばれると関係性が悪くなってしまいます。そのような理由もあり、面接の段階で嘘をついている人物を塾側が採用しようとしないと考えられます。

塾のアルバイトってどんな人が受かりやすい?

塾は採用した講師にすぐに辞められると困ります。新たな講師を探さなければならなくなり、もう一度、採用活動を実施する必要があるからです。活動には費用がかかりますし、時間も確保しなければなりません。

新人講師への導入教育を済ませた後に辞められると、さらにダメージは大きくなります。教育の費用や時間が無駄になるからです。再募集をしてすぐに講師が見つからなければ、その間は講義を行えなくなる可能性があります。

また学期がスタートすると、その学期中に講師が変わるのは避けたいと塾は考えています。講師が頻繁に変わっていると、生徒は講師の方針の違いにより混乱してしまい、結果的に辞めてしまうという生徒もいるでしょう。

このような理由から、講師がすぐに辞めると塾経営そのものに損害が生じますし、評判も悪くなってしまう恐れがあります。そのため塾アルバイトで受かりやすくするには、すぐに辞めると感じさせないことが大切です。講師を長く続けてくれそうな人物だと判断されると、採用してもらえる可能性が高まるでしょう。

講師の仕事が好きとアピールするだけでなく、働き続けやすい理由を伝えるのが効果的です。たとえば講義の時間が、ライフスタイルの中で空いている時間帯に該当するなどの理由が良いでしょう。他にも塾が自宅から近いなど、無理なく働けると感じさせるのがおすすめです。

まとめ

今回紹介したポイントに注意すると、効果的な志望動機を考えやすくなるはずです。しかし、その前に行った方が良いことがあります。それは自分を見つめ直すことです。しっかり自己分析を行い、自分の学力やスキルを把握しましょう。それを踏まえた上で、講師のアルバイトに対して感じる本当の気持ちを明確にしてください。

強い意欲や漠然とした不安などを感じることがあるでしょう。それを明確にした方がリアルな志望動機を考えられるので、真剣な気持ちを伝えやすくなります。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?