お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾バイトに着ていける私服はどんな感じ?

塾講師のバイトの気になる噂

塾バイトで私服OKなんてありえる?服装のルールを知りたい!

塾講師のバイトは主に学生を相手にしたバイトということで、服装にはあまりこだわらなくていいのでは?と思うかもしれませんが、塾によっては服装にルールがある場合もあります。大手の塾でしたら、男女共にバイト講師でもスーツ着用がルールのところもありますし、制服貸与になっているところもあります。

私服でいい塾講師バイトもありますが、その場合でも常識の範囲内で服装を選ばなければいけません。私服で仕事をする場合、どのような服装をするのがいいのでしょうか。

塾バイトに着ていける私服はどんな感じ?

塾のバイトに着用していける私服とはどのようなものなのでしょうか。全く分からない場合はビジネスカジュアルがおすすめです。ビジネスカジュアルとはスーツ着用を規則としない会社で勤務している方に多い、カジュアルとフォーマルを融合させたファッションのことです。

カジュアルの定番であるジーンズやTシャツ、トレーナーは着用せず、ジャケットやブラウス、襟のあるシャツなどを着用し、靴はスニーカーやサンダルははかないのが基本です。女性もブーツはなるべくはかないようにしましょう。

ただ塾によって、どの程度のカジュアルが許されるのかに違いがあります。個人が経営している塾の場合は服装に関しては寛容な場合も多く、Tシャツやジーンズなどが許容されている場合もあります。実際に採用されてから、働いている方がどのようなファッションをしているのかを見て参考にするのがいいでしょう。

子供が相手だからといって、どのような格好でもいいわけではありません。なぜなら保護者も服装をチェックしているからです。子供に真似してほしくない服装の講師がいる塾には通わせたくないという方も多いので、ファッションに寛容な塾でバイトする場合も、常識の範囲内でおしゃれを楽しむようにしてください。

塾講師の服装【男性編】

男性が塾の講師のバイトをする場合は、まず襟のついたトップスを着用することをおすすめします。襟がついているだけで、カジュアルファッションでもきっちりとした雰囲気が出るからです。また、少しかっちりした服装をすることで、講師らしさも演出できます。生徒や保護者の方に、講師らしさをアピールすることも重要なお仕事だと考えてください。

シャツは入学式や成人式などで使った物を着用してもいいのですが、少し個性を出したいなら、少し柄の入ったものを選ぶもいいでしょう。パンツはジーンズなどのカジュアルすぎるもの、派手すぎる色や奇抜な柄のものを避ければ、だいたいは許容されるでしょう。

またネクタイの有無ですが、オフィスカジュアルの場合には絶対に必要というわけではありません。秋冬の場合は、極力ジャケットを着用するようにしましょう。こちらもビジネススーツのジャケットである必要はありません。またベストを着用するのもいいですね。

靴は派手な色のものを着用するのは避けてください。また装飾品は、男性の場合はあまり着用しないほうが好ましいとされます。特に大きく存在感のあるアクセサリーやベルトのバックルなどは、保護者から高評価を受けにくいというのが一般的です。

バッグの選び方ですが、全体的なバランスを見て選ぶことが大事です。バッグもファッションの一部ですので、色の合わないものを選んでしまうと、他がどんなにバッチリでもすべて台無しになってしまいます。分からない場合は、先輩のファッションを真似するという方法もあります。

塾講師の服装【女性編】

女性の場合は男性の場合とは違い、ピンクや赤などの色も柄物も許容されることがあります。また襟付きのトップスを、必ずしも着用する必要はありません。ただ男性より許容範囲が広いからといって、何でもいいというわけではありません。基本的には落ち着いた雰囲気を心がける必要があります。

そのため、肌の露出が多くなってしまうもの、例えば、ノースリーブやキャミソール、ミニスカートなどはなるべく避けるようにしてください。アクセサリーも一応許容はされますが、男性同様あまりにも目立つ大きなアクセサリーは着用しないようにしましょう。

ブーツも落ち着いた印象を与えるものを着用する場合は許容されますが、あまりにもごてごてとした装飾のついているものは避けてください。

その他にも女性の場合は気を付けてもらいたいのは、高級ブランドのロゴが目立つファッションアイテムです。高級ブランドを着用すること自体はそれほど問題ありません。しかし、これ見よがしに着用してしまうと、人によってはあまりいい印象を持たないことがあります。

髪型に関しても、多少髪を染める程度なら問題はありませんが、金髪や派手すぎる髪型にするのは避けてください。上記のように、色々とルールがある中で、多くの講師の方はその範囲内でしっかりと個性を出し、おしゃれを楽しんでいます。

全てを我慢してしまうというのではなく、ルールの中で自分のしたい服装をしてみて、そこに個性を出していくというのは非常におしゃれですよね。その力は、今後会社に行っても通用するものなので、しっかりと講師ファッションというおしゃれを楽しんでみましょう。

まとめ

私服OKであるにも関わらず、服装の暗黙のルールがある事は面倒と思われるかもしれませんが、これは塾のバイトのみならず、就職して社会に出てからもあることです。まだ学生のバイトのうちは失敗しても教訓にすることができますし、学生だからと許容されることもあります。

いざ社会に出てから非常識だと笑われないようにするためにも、塾バイトの時間は社会勉強だと思ってみてください。塾講師のバイトをした経験は、あなたが社会に出た後にきっと役に立つでしょう。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?