お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾講師のアルバイトは集団と個別でどっちがおすすめ?

塾講師のバイトの気になる噂

塾講師のアルバイトは集団と個別でどっちがおすすめ?

塾講師をするアルバイトを選ぶにあたり、集団指導と個別指導のどちらにするのか迷うこともあるでしょう。特に大勢を相手にする集団指導に不安を感じる方が多いのではないでしょうか。しかし、必ずしも個別指導よりハードルが高いとは限りません。

事前に必要なスキルや適性の有無を把握できていれば、もしかしたら個別指導より集団のほうで講師をする方が性に合っているという方もいるかもしれません。そこで今回は、集団指導の塾講師のアルバイトの内容を紹介し、必要なスキルや向いている人についても解説します。

集団指導の塾バイトってどんなもの?

集団指導の塾講師のアルバイトの形態は学校の授業と似ています。ホワイトボードや黒板の据え付けられた教室で、多くの生徒を相手に指導を行うのです。授業だけではなく、準備も大切な仕事の一つです。開始前に出席する生徒の学力状況や通っている授業のカリキュラムを調べて、授業の進め方などを社員とアルバイトみんなで検討します。

授業の進め方は塾や講師によって異なりますが、最初に宿題のチェックをするのが一般的です。講師によっては、前回の復習を一通り行うこともあるかもしれません。宿題を忘れた生徒や前回の内容を理解していない生徒がいても、授業を中断することはありません。

個別指導の場合は、中断して前回の指導を再度行うこともありますが、集団指導の場合はそうはいきません。講義を常にスケジュールに沿って進める必要があるからです。しかし、講義中に強調するポイントは、講師が臨機応変に変えることも少なくありません。理解が早い生徒と遅い生徒が混在する場合、ペースの調整にも気を使うことが大切です。

最後に宿題を出して授業が終わったら、生徒から不明な点について質問を受けることが多いです。それらへの対応が終わったら、控室に戻って次の講義の準備を行います。その他にも仕事が生じることもあります。模擬試験に関する仕事はその代表的なものです。用紙の配布や回収、採点などを任されることがあります。

集団指導に必要なスキルは?

人に分かりやすく説明をするスキルがあると指導しやすいです。講義を行っていると、生徒が簡単には理解できないような内容がよく出てきます。その場合は分かりやすい例を示したり、イメージ図を描いたりして説明するなどの配慮が必要です。どうすれば生徒が授業を理解しやすいかを常に考えることになるので、日頃から人に説明することを得意としている人であれば、臨機応変に授業をし、授業時間を有効に使えるでしょう。

また同じクラスであっても、生徒の学力には違いがあります。講義の内容をすぐには理解できない生徒と、授業内できちんと理解している生徒が混在していることも珍しくありません。模擬試験の結果などを参照すると、誰が理解できていないかを把握できます。しかし、それより早く講義の段階で生徒の理解の状況を把握するのが望ましいです。そのため、生徒の理解度を瞬時に見抜く観察力が必要になります。

またコミュニケーション能力も集団指導の塾のアルバイトでは欠かせません。集団指導の塾バイトでは多くの生徒と話をすることになります。生徒はもちろんですが、他の講師や塾長などの大人と話をする機会も多いです。コミュニケーションのスキルがあると、スムーズに仕事を進められるでしょう。

集団指導が向いている人は?

個別指導の塾バイトでは、主に一対一、一対二で子どもと接することになります。そして、集団指導は個別指導と異なり、非常に多くの子どもを同時に相手しなければなりません。子どもは大人とは感じ方や考え方が異なります。

そのため、大人に指導する感覚で集団指導の講師のアルバイトを始めると、最初は上手く教えるのが難しいと感じるかもしれません。会社のプレゼンテーションのように、一方的に伝えるだけでは生徒に嫌がられてしまうこともあるので、生徒が素直にあなたの話を聞いてくれるような関係性を築く必要があります。

個別指導では1人の生徒と打ち解けるだけで良いですが、集団指導ではクラス全体の雰囲気について考えなければなりません。そのため、多くの子どもに親近感を覚えてもらえる方の方が集団授業に向いているといえるでしょう。

また、物事を第三者の視点で見られる方も適性があります。自分の視点だけで見ていると、生徒の気持ちを把握しにくいからです。講師の視点だけ、大人の視点だけ、また「自分はアルバイトだから」という視点、塾側の人間としての立場で生徒のことを考えてしまうと、なぜ生徒がこんなにも悩んでいるのか把握できないことが少なくありません。

そのため講師としての視点だけではなく、生徒の立場に立った視点で生徒を見て、問題点を一緒に探すことが大切なのです。自分のスタイルにこだわっていると見落とす点が多くなるでしょう。そのため、一歩引いて冷静に分析できる人は向いている可能性があります。

少し大変かもしれませんが、こういった部分はアルバイトとは言え、手を抜いてはいけない部分です。アルバイトだとしても仕事は仕事として、しっかりと一人ひとりの生徒に向き合いましょう。

まとめ

個別指導と異なる特徴が集団指導には多くあります。大勢を相手にするので責任が大きいですが、同時に大きなやりがいも感じられるでしょう。多くの生徒たちの成績が上がって喜んでいるのを見ると、達成感を得られます。この達成感は他のアルバイトでは味わえないもので、塾講師のアルバイトならではの特権とも言えるでしょう。

そのようにしてあなた自身が授業を楽しみながら実績を積んでいくと、多くの生徒や保護者に慕われる人気講師になれることもあります。今回紹介した内容を参考にして、集団と個別、どちらの塾アルバイトを選択するのか検討してみてはいかがでしょうか。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?