お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾バイトを申込むときは、完璧な自己PRであなたを魅力的に見せよう!

塾講師のバイトの気になる噂

塾バイトを申込むときは、完璧な自己PRであなたを魅力的に見せよう!

塾講師のアルバイトを申し込む際の自己PRの書き方には、注意しなくてはならない点がいくつか存在します。いくら優れた能力を持っている人間だったとしても、自己PRが悪ければその人の優秀さは相手に伝わりません。

伝わらないということは、つまりそういった優秀な部分がないと判断されてしまうということです。ですので、自己PRでは、なるべく自分のアピールポイントを分かりやすく簡潔に伝えることが大切です。それでは自己PRの仕方で抑えておかなければいけないポイントを説明していきます。

塾バイトのいい自己PRは?

塾で講師としてアルバイトをするときに大事になるポイントは、様々な角度からの質問に対し適切な答えを出す「対応力」、行き当たりばったりではなく勉強の内容、進行具合をきっちりと計画を立て、それを確実に実行出来る「計画力」、会話を通して相手のやる気を引き出してあげたり、疑問点を聞き出してあげたりする「コミュニケーション力」です。

この対応力、計画力、コミュニケーション力は塾講師のアルバイトをする人にとって、最も重要な能力と言ってもよいものです。なので、この3つの能力に対する自分のアピール出来るポイントを絞って自己PRとすることが採用への近道です。とは言っても、自己PRするポイントは理解したけど、具体的にどんな書き方をすれば良いのか?と思う人もいるでしょう。

その答えは、あなたが今までに体験した経験を元に「自分の長所」をアピールしながら書くと良いです。学校でのクラス委員の実績や部活動での活動、他のアルバイトでの経験や、塾に通っていて当時の講師の方に自分が感じたことを活かしても良いでしょう。

とにかく自己PRで大事なことは「あなたが経験したことを通して得たあなたの強みや良さ」を伝えるということです。経験のないことや、こう思っている等の言葉よりも、実際の体験から導いた考えは説得力が違います。これを最大限に活かしましょう。

塾講師のアルバイト、悪い自己PRは?

次は、逆に塾講師のアルバイトに就くための自己PRでやってはいけないこと、気を付けなければならないポイントをあげていきます。

先ほども述べた通り、自己PRでは自分の経験した体験から長所を活かすと言いましたが、気を付けなければいけないのは、やり過ぎてしまうと「ただの自慢話や過剰すぎる自信」ととられてしまうケースがあるということです。

あくまで必要とされている自己PRは、あなたが今までに経験した内容を塾講師として、そのアルバイトの中であなたがどう活かせるかで、あなたが今までにあげてきた過去の実績や栄光を知りたいわけではないということを忘れないようにしましょう。

ここを間違えてしまうと、あなたの魅力でもありアピールポイントだったはずの強みが、うまく面接官に伝わらなくなってしまいます。知らず知らずのうちにただの自慢話になってしまい、結局あなたは何が言いたかったの?と感じられてしまってはもったいないので、しっかりと過去の実績とそれをどう塾講師のアルバイトとして仕事に活かすのかということをアピールしていきましょう。

このような伝え方をするために気を付けなければいけないことはなにかと言うと、実績や経歴は事実だけを淡々と伝え、そこから学んだ考えや経験談に重点を置く、ということです。もう一度言いますが、大事なのはあなたの実績や栄光ではなく、そこからあなたが得た考えや経験で、それをどう塾講師のアルバイトに活かしていくかを話していくということです。

塾講師のアルバイトに受かるための自己PR例

「得意な教科をPRする」
私は子供の頃から数学が好きで、小学生の頃はそろばんを習っていました。高校でも理系を選択し、大学生の時に実用数学技能検定準2級の資格を取りました。数学は得意科目なうえに自分の好きな科目でもあるので、基礎知識から応用まで幅広く教えることが出来ると思います。親切で分かりやすい説明ができる講師になろうと考えています。よろしくお願いします。

「受験での経験を活かす」
私は、この4月に大学の受験をしました。受験期は今まででは経験をしたことがないくらい、一生懸命に勉学に励みました。その結果、無事念願の第一志望である、○○大学○○学部に入学することができました。受験までの流れを経験したばかりの私だからこそ、これからの受験生に教えられることも多いと考えまして、このたび御社に応募をいたしました。よろしくお願いいたします。

「コミュニケーション、人間性を活かす」
私は、中学、高校と生徒会に入っていました。そこで学んだことが、個人1人ひとりの個性や特徴にあった指示や提案をする大事さです。その為のコミュニケーション能力の必要さを感じました。さらに私は小学校、中学校、高校の12年間野球部に所属しており、高校3年の時には主将も経験しました。最後まで諦めない根性、精神力とコツコツと積み重ねる忍耐力を持っています。塾でのアルバイトの経験はありませんが、採用して頂いた暁には、精一杯頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。

まとめ

塾バイトでの自己PRで重要なポイントは、ある程度理解頂けたかと思いますが、大事なのはあなたの姿勢や誠意であるということを忘れないでください。気負いすぎる必要はありませんが、お金をもらって教える以上、あなたはプロでなくてはならないわけです。

任されたことに対しての責任を自覚し、自分の行う行動には責任をもつ必要があります。あくまで人が行う行動には完璧な答えはないのかも知れませんが、あなたなりの誠意と懸命さを持ち続けてください。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?