お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾バイトは学力がないとできない?最低限どのくらい必要かな?

塾講師のバイトの気になる噂

塾バイトは学力がないとできない?最低限どのくらい必要かな?

学習塾の講師バイトは、学歴の高い人がするイメージがあると思います。確かに偏差値の高い大学出身者を講師として集めていることを売りにしている塾もあれば、生徒の保護者から講師たちの学歴について注文がつく場合もあり、比較的高学歴の人が多い業界と言えるかもしれません。

ただ、もちろん学力だけが問われる仕事ではなく、子供と接するという仕事の性質上、コミュニケーション能力なども必要なのですが、ここでは塾のアルバイトと学力との関係に特化して解説します。

塾バイトをするのに最低限必要な学力は?

学習塾のアルバイトをするなら、誰しも自分の学力や学歴が講師として求められるレベルに達しているかを考えるでしょう。この業界でアルバイトをしたくても、自分の在籍する大学の偏差値を見て、講師になるのは無理だと諦めてしまい、応募すらしないという人も多いのではないでしょうか。この仕事をするにあたって、もちろん学力は必ず問われます。しかしその基準がどこにあるかと言えば、会社による、というのが最も適切な回答です。

例えば、ハイレベルな講師陣を売りにしているところであれば、講師の学歴自体が生徒や保護者、塾にとって重要です。そのため、書類審査で出身大学を見られることもあるでしょう。しかし書類上の経歴だけで合否を決めることは少なく、多くの塾では採用時にペーパーテストを課せられ、その結果が合否の一因となる場合がほとんどです。

テストのレベルはその塾が顧客としている生徒に依存します。つまり、国公立や医学部受験を目指す子が多く在籍しているのであれば、講師は当然そのくらいの試験はクリアできる学力が必要になります。

一方で個別指導教室など、学校の授業についていけない生徒向け、あるいは小中学生がメインの顧客であれば、アルバイトの候補になる講師に受けてもらうテストもそのレベルに準拠した試験になるので、難易度はぐっと下がります。あなたが勤めたい塾のことを調べ、どの層をメインの顧客としているかを知ることで、講師のレベルもわかり、その塾で採用されるためにはハードルがどのくらいかがわかるでしょう。

この学力がないと塾でアルバイトはできない?

採用時のテストを受ければいいので、採用までのハードルがとても低いと言っても、勉強を生徒に教える仕事である以上、学力が全く必要ないということはもちろんありません。仮に小学生だけを教える塾だったとしても、中学校卒業レベルくらいの勉強ができることは必要とされるでしょう。

高校生や受験生を教えるなら、やはり高校卒業レベルの勉強が一通りできなければなりませんし、中学高校で全く勉強しておらず、大学受験も経験がなく、どうにかこうにか学校の推薦で入ったという経歴では、もしかしたら塾のアルバイトで採用されるのは難しいかもしれません。

しかしそのような人が塾でアルバイトをしたいというのは、極めて稀なケースでしょう。勤める塾が求めるレベルによりますが、センター試験や大学個別の一般試験を突破して大学に入った人であれば、その大学の偏差値によらず、どこか受け入れてくれる会社はあると思って良いでしょう。

今は大学全入時代と言われ、生徒の学力も多様化する傾向にあります。どのレベルにいる子も大学入学を目指せるということは、生徒の学力の各段階に学習指導のニーズがあるということでもあります。自信がなく、応募する前から塾のアルバイトを諦めてしまっている人も多いとは思いますが、あなたがもしそうであれば、あなたが思っているほど塾講師になるために求められる純粋な学力は高くないとアドバイスしておきます。

学力がなくても塾講師のアルバイトをする方法

それでは、自分の過小評価でも卑下でもなく本当に学力がない場合、学習塾のアルバイトはできるのでしょうか。もしあなたが上に書いたような最低限の受験勉強を講師として教えることすらできない場合、一般的な塾での仕事は難しいと言わざるを得ません。

圧倒的なコミュニケーション能力や、子供に慕われる天性の才能などを面接の際に証明できれば一縷の望みはあるかもしれませんが、塾講師の最大の仕事は生徒の成績向上や受験合格なので、あまり希望は持てないかもしれません。

全体的な学力に不安があっても、何かしら得意なことがあればどうでしょうか。例えば英語は今や小学生、幼稚園向けの教室が昔より圧倒的に増えています。学校の英語の勉強はできなかったけれど、卒業後に独学して日常会話レベルならこなせる、という場合であれば低学年向けの英語の先生としての需要は十分にあります。

英語以外だと選択肢は少なくなりますが、得意な教科が1つでもあれば、その科目専任のアルバイトとして採用される可能性は高くなります。

また、個別指導教室のように、学校の勉強に少し遅れてしまっているという生徒さんが多い塾を中心に検討するのも1つの手です。このような塾では生徒の成績を上げるというよりは日々の勉強のやり方を教えたり、その子が学校の授業についていくためのサポートをしたりといった授業が主になることが多いのです。

子供のモチベーションを上げるような指導方法が求められるので、学力以外の面の比重がやや大きくなることがあなたにとってプラスの要素になるでしょう。

まとめ

ここまで、学習塾のアルバイトと講師に求められる学力の関係について解説してきました。仕事の性質を考えると、勉強が全くできなくても就けるという仕事ではありません。しかし、多くの人のイメージにあるような高学歴の学生専用のアルバイトというわけでもなく、生徒それぞれのレベルや事情に応じた様々なニーズがあり、講師もそれに対応する人が求められる業界なのです。

今までの学歴や勉強で出してきた成果に自信がなくても、あなたの特徴や強みを生かした方法で検討してみる価値はある仕事と言えるでしょう。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?