お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾講師バイトって始めるのにもテストがあるって本当?

塾講師のバイトの気になる噂

塾講師バイトって始めるのにもテストがあるって本当?

先生と呼ばれる立場で働ける塾講師は、学生に人気のバイトです。しかし、生徒の学力を向上させるサービスの特性上、求人に応募すると他のバイトとは少し違う色々な選考が行われます。

保護者や生徒に信頼される講師であることも当然大切ですが、それ以前に最低限の学力があるかどうかも重要なため、多くの塾ではテストによって講師希望の方の学力を確認しています。どのようなテストが実施されるのかを事前に知っておき、現役時代に使用していた教材で復習しておくなど、必要な対策を行っておきましょう。

塾講師バイトには採用テストがあるって本当?

塾バイトの求人に応募したら、提出した履歴書に基づいた面接が行なわれますが、それと同時に採用テストとして、生徒が解いているものと同等の筆記試験が実施されます。採用されたら実際にその問題に取り組んでいる生徒を相手にするので、どの教科を任せられるのかの確認も兼ねています。

日本の学校では高校で文理選択を行なうことが多いので、文系であれば国語、英語、社会の3教科が出題されやすく、それに対して理系では数学、英語、化学などの理系科目のいずれかの3教科が出題されやすいと言われます。

文理のどちらであるのかはもちろん自己申告ですが、塾によっては文理関係なく、幅広い問題を出題してくる場合もあるので、可能であれば事前にどのような出題傾向なのかを調べておきましょう。

いずれにせよ、塾で行う学習は受験対策という位置づけであることが多いので、どの学校の受験でも重要になる英語や数学ができた方が好印象となります。

また複数の教科においてテストを実施するのは、講師として幅広く教えられることがポイントだからです。特に中学生を相手に教える場合には採否の大きな決め手になりますので、自分の得意な科目だけではなく、幅広くいろいろな教科を教えられる方が採用されやすいでしょう。

塾バイトの採用テストは難しい?

塾バイトの入社テストの難易度は、あなたが入ろうとしている塾がどのくらいの偏差値の学校を目指す生徒を対象として、どのくらいのレベルの学力を持つ講師を求めているかによって異なります。

塾として多いのは、高校入試を目指す学生を集めているところですが、難関大学への合格をアピールしている進学塾ではセンター試験相当か、あるいは、難関大学の二次試験レベルの問題の出題もありえるでしょう。

中学生を集めている塾であれば、1人では勉強できない生徒を個別指導しているところや、苦手教科の克服として通っている生徒を担当することが多く、テストによる学力よりも講師としての指導力や人柄が重視されるのが特徴です。

一方、レベルの高い志望校に合格するために通っている生徒が中心の進学塾では、生徒が要求する学習のレベルも高いので、バイトの講師であっても高い学力が必要であり、テストの成績によっては採用されても授業の担当をあまりもらえない可能性もあります。

高校生に教える場合は、中学生に教えるよりも内容が難しくなるので、自分が本当に自信をもって教えられる教科だけを申告するのも一つの手です。

学力を確認する入社テストの難易度としては、個別指導の中学生向けの塾が最も低く、逆に難易度が高い第一志望の大学にも合格できるという高校生向けの進学塾が最難関だろうと言われています。

塾バイトのテストに受かるために必要なこと

採用テストの出題傾向をきちんと調べて、参考書の読み直しと問題演習を行なっておけば、塾講師のバイトとしての合格ラインには到達するでしょう。採用されたら生徒に教える立場になるので、指導の練習のつもりで、もう一度受験勉強に取り組んでみましょう。

1点の差で他者と競う入試ではないので、根詰める必要はありませんが、応募する塾のレベルに見合った点数が取れることを採用担当者にアピールしておきたいところです。

点数そのものによる振るい落としではなく、指導できるだけの理解力があるのかどうかをチェックする意味合いが強いため、例えば基本問題だけは必ず正解しておくという戦略をとるのもいいかもしれません。

採用全体のことを考えると、筆記試験だけではなく、面接での受け答えも大きな要素となるので、講師として生徒に教えるのにふさわしい態度と言動を心がけましょう。

講師採用されるためには、筆記試験で最低限の学力を証明することと、採用担当者に認められるだけの応対ができることの2点に注意しなければいけません。参考書を読むだけではスムーズに解答できない場合があるので、きちんと問題演習を繰り返し行なっておきましょう。

まとめ

塾講師バイトの求人に応募すると、指導する教科についての採用テストが実施されます。担当講師として、教科についての理解力をチェックするのが目的のため、事前に出題されやすい問題に慣れておきましょう。

複数の教科を教えられる人材を求めていることから、受験でよく使われる3教科のテストが行われるのが一般的といわれます。あなたがかつて使用していた教材で復習すれば合格水準に達するレベルなので、しっかり勉強し直してから筆記試験のテストに臨みましょう。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?