お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > バイトを掛け持ちしたいけど塾のアルバイトもできる?

塾講師のバイトの気になる噂

バイトを掛け持ちしたいけど塾のアルバイトもできる?

塾講師のアルバイトを志望する方の中には、掛け持ちをしたいと考えているという方も結構多いようです。しかし、掛け持ちというのはそう簡単にできることではありません。実は注意点がたくさんあります。

お金が必要という切迫した理由があるかとは思いますが、安易にアルバイトの掛け持ちをすると、トラブルになってアルバイト先に迷惑をかけてしまったり、あなた自身が困ってしまったりすることもありますので、ここでアルバイトを掛け持ちすることについての知識を確認してみてください。

円満に塾講師としてアルバイトを行なうのならば、注意点をしっかりと守り、どのバイトも両立させることが非常に大切です。

そもそも、塾講師のアルバイトは掛け持ちOKなの?

まず、塾講師は基本的に掛け持ちが出来ると考えていいでしょう。ただし、勤務先の就業規則をよく確認してください。もしそこで講師はアルバイトの掛け持ちが禁止されているのなら、掛け持ちをすることは出来ません。就業規則を破ると、最悪の場合解雇になる恐れもあるため、注意する必要があります。

次の注意点は、しっかりと自己管理を行なうことです。掛け持ちをするという方は、おそらくお金が必要という理由があるでしょう。しかし、働きすぎて身体を壊してしまっては元も子もありません。しっかりと自己管理を行い、両立できるようにしましょう。

さらに、税金面での問題もあります。塾講師のアルバイトだけならば、その雇用先の企業が税金を計算してくれます。なので、自分で計算しなくていいので特に心配はいりません。しかし、2社以上でアルバイトの掛け持ちする場合は、自分で確定申告を行う必要が出てきます。

そのため、給与明細書をしっかりと管理し、なくさないようにしましょう。そして、確定申告を忘れずに行ないましょう。最悪の場合、稼いだ分のお金以上に追徴課税されてしまうこともあります。

学校とバイトだけでも大変なのに、さらに掛け持ちでバイトをするとなると、塾講師のアルバイトに限らず、大変なものになります。そのため、しっかりと自己管理し、どの職場でも気を抜くことのないように勤務しつつ、税金のことも気にかけるようにしましょう。

実際のところ、塾バイトは掛け持ちできる?

さきほども書きましたが、就業規則に特に書かれていなければ、塾講師のアルバイトは掛け持ちが出来ます。しかし、実際に掛け持ちをするとなると、規則や心構え以外にも気を付けるポイントがあります。

例えば、勤務先に通っている生徒の方や保護者の方に知られないようにしたほうが懸命でしょう。特に保護者は、自分の子供に対して精一杯教えてほしいと考えており、そのため、子供がいる勤務先のバイトに集中して、最善を尽くして欲しいと考えています。

しかし、その講師が他の職場で働いていたらどう思うでしょう。「やっぱりバイト講師だから片手間に勉強を教えているのではないか。もしかしたら、塾では手を抜いているのではないか」と思われてしまう可能性もあるのです。

そうなってくると、あなたの上司となる方が責められてしまう可能性もあるのです。ですから、掛け持ちをしていることを生徒の方や保護者の方に知られないようにしましょう。

また、さきほど触れましたが、税金の面では特に注意が必要です。あなたは確定申告について知っていますか。一つの企業に所属して働いているのならあまり関係がないという場合も多いでしょう。しかし、勤務先が2つ以上あったりする場合などは、自分で確定申告を行なう必要が出てきます。これはバイトも同様です。

そのため、確定申告についてよく知っておいたほうがいいといえるでしょう。税務署でも丁寧に教えてくれますが、結局は自分がやる必要があります。納税という非常にデリケートな部分なので、全く知識がないままだと少し危ないかもしれません。

掛け持ちでバイトをするなら、あらかじめこの辺りについてはしっかりと考えておく必要があります。

塾バイトと他のバイトならどう?

塾バイトは合う、合わないがきっぱり分かれてしまうことが多いです。しかし、合う人にとってはこれ以上無い職場となるでしょう。生徒と仲良くなったり、保護者からの信頼を得たりすると、とてもやりがいのある職場になります。

また、自分が担当した生徒の成績が上がったり、志望校に合格したりすれば、大きな達成感を味わうことができるでしょう。この達成感は、他の職場ではなかなか感じられない種類の達成感です。

他のバイトでも、もちろんやりがいのある職場はたくさんあります。しかし、塾バイトで味わえる生徒や保護者からの信頼、生徒が志望校に合格したときのうれしい気持ちは、塾バイトならではの醍醐味といえるでしょう。

まとめ

バイトの掛け持ちするのなら、あなたの身体の負担が重くならない程度にとどめておいたほうが良さそうです。がんばってバイトをしようとするあまりに、体を壊してしまってはあなた自身が大変ですし、結局どのバイト先にも迷惑をかけてしまうことになります。

塾バイトの掛け持ちは、就業規則で禁止されていないならば、基本的にできるでしょう。しかし、いろいろと注意点があります。それを破ってしまうと、バイト先に大きな迷惑をかけますし、最悪解雇されてしまうこともあるのです。

この記事で確認した注意点をしっかりと守りつつ、他のバイトでは感じる事のできない達成感を感じることができる塾バイトを、是非検討してみてはいかがでしょうか。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?