お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾バイトをするために必要な学歴ってどのくらい?

塾講師のバイトの気になる噂

塾バイトをするために必要な学歴ってどのくらい?

学習塾での就労形態は、専任講師とアルバイト講師の2つが存在します。専任講師とはその塾に就職している社員講師であり、アルバイト講師とは学生や社会人がパートタイマーの講師として就業していることが多いです。

塾の講師は受験生にも授業を行ないますので、その敷居は高いのでは、と思ってしまいますが、実際に要求される学歴はどの程度になるのでしょうか。一般的に塾がアルバイト講師を採用する際、学歴および他にどのような基準で選考しているかなどを具体的に見ていきましょう。

塾バイトをするために学歴は必要?

塾でのアルバイト講師は、一般的に大学生や専門学校生、あるいはそれらの学校を卒業した人が仕事に就いています。受験生に勉強を教える、という立場になることが多いはずなので、基本的に高校や大学、専門学校に受かるだけの学力が必要になることがその理由でしょう。

求人を参照すれば分かる通り、基本的には大学生・専門学校生・およびそれらの学校の卒業生が応募資格になります。その意味では学歴は必要です。ただし大学生や専門学校生がアルバイト講師をしようとした場合は、その時点では大学・専門学校の在学生ですから、厳密には高校卒ということになります。

なお、アルバイトというのは学生のためだけの就業形態ではありません。他に仕事を持っている社会人が副業として行なうこともありますし、就職浪人をしている人が行なう場合もあります。

こうした社会人が応募しようとする時には、各種大学・大学院・専門学校を卒業したという学歴は重要です。例えば教職を希望しているものの採用試験には受からなかったため浪人中である、という人の場合は、塾によっては一年契約で正規職員として迎えることもあるかもしれないからです。

その場合はもちろん専任講師ということになります。しかし何らかの理由で、本人が正規職員・専任講師という立場を望まないケースも存在しますので、そうした時にはアルバイトという選択をすることになります。

塾バイトをやるために必要な最低限の学歴

塾の生徒の学年は様々です。一般的には小学校1年生から中学3年生までであり、大学受験までフォローしている場合は高校3年生までが受講生ということになります。小学校低学年を受け持つ講師のアルバイトであれば、必ずしも高い学歴は必要がないように思われます。

教えるというスキルさえ学べば、実際には中学生が講師になることもできるはずです。しかし実際は、勉強を教えるという立場になると考えれば、アカデミックなバックグラウンドが必要である、という判断がなされます。

アルバイトを雇う側からすれば、確実に成績を上げられる、滞りなく生徒に勉強を教えられるのであれば、学歴などはどうでも良いということになりそうですが、受講生の保護者の立場からすると、やはりそれなりの講師像というものを期待します。その意味では建前論なのですが、やはり学歴というものは重視されるということになってしまいます。

また講師を雇う側から考えてみると、もうひとつの理由がありそうです。例えば講師のローテーションということを考えると、小学校低学年しか教えられない講師を雇うよりは、受講生の学年を選ばずに、小学生でも中学生でも高校生でも教えられる講師の方が、効率の面からも都合が良いはずです。

こういう理由から判断すれば、やはり各種大学・大学院・専門学校に在学中あるいは卒業しているというのが、塾を運営する側が一般的に求めるレベルになると考えられます。

塾バイトは大学生でもできる?

さて、塾の講師は大学生でもできるのでしょうか?答えはできるということになります。講師を雇う側からすれば、むしろ人件費を安く抑えるという目的であれば、大学生は歓迎される立場でしょう。

そして大学生の立場からすれば、専任講師よりは安い給与だとしても他の仕事をするよりは格段に時給が良いので、実際のところ人気の職種になっています。

大学生にとっては、大学での講義が終わってから塾に向かえば十分間に合いますし、就業時間も夜遅くなるということはありません。つまり時間的に無理のない仕事ということになります。他の仕事で同じ給与を稼ごうとすると、夜遅くまで働かないといけないという事情からすれば、非常に良いアルバイトです。

ただし注意も必要です。一般的に生徒さんの長期休みの時期は、塾でも夏期講座などのイベントがありますので、朝から夜まで拘束される可能性があります。こうした需要に応えられない、という学生の場合は、雇う側からすれば採用したくない、という事情があることも理解しておかなければなりません。

塾の講師というのは、専業であれアルバイトであれ、基本的には各種大学や専門学校の在学生、あるいはそれらの学校を卒業していることが一般的な応募資格になります。

やはり勉強を教える、という仕事である以上はそれなりの学歴がわかりやすい信頼につながる、ということですね。しかし、学歴はとても高いけれども、協調性がなく生徒にしっかりと勉強を教えられない人よりも、学歴はそんなに高くはないけれど、周りと協力をして、生徒にも熱心に勉強を教えてくれる方のほうが歓迎されるのはなんとなくわかりますよね。

塾講師の仕事というのは周囲と協力して、学生に勉強を教える仕事です。そのため、人柄も非常に重視されます。学力だけが全てではないということをぜひ覚えておいてくださいね。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?