お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾バイトの履歴書ってどういう風に書けばいいの?

塾講師のバイトの気になる噂

塾バイトの履歴書ってどういう風に書けばいいの?

大学生や若者に人気のアルバイトと言えば、時給も高く、自分の知識を活かすことができる塾講師のアルバイトですよね。ただ、アルバイトとはいえ、適当に履歴書を書いていてはなかなか採用してもらえません。

採用される確率を上げるためにも、人柄や誠実さがしっかり伝わるような履歴書を書くことが大切です。これまで履歴書をあまり書いたことがないという人は、どのように書けば良いのか事前にある程度ポイントを知っておくようにしましょう。

塾講師のバイトの履歴書って普通のものと違う?

履歴書は、自分のこれまでの学歴や職歴などを分かりやすく記入し、採用する企業側が審査しやすいように様々な情報を提供するために使用します。

職務経歴書や一般的な履歴書など様々なタイプが販売されていますが、塾講師のアルバイトをするのであれば、ごく普通の汎用履歴書を使用して問題ありません。ただ、アルバイトだからといって、アルバイト用に作られた履歴書を利用するのは避けておきましょう。

アルバイト用のタイプは、志望動機や自己アピール欄が準備されていない物も多いです。アルバイトは正社員とは違うので、採用時にこういったポイントを重視しない企業も多いからです。

採用にあたって、必要最低限の情報だけを分かりやすく把握するために、志望動機などを省略して簡略化されているというわけです。ただ、塾講師の場合は生徒に勉強を教える立場になるという特徴から、例えアルバイトであっても、プロ意識や堅実さも重視されることが多いです。

特に知名度のある大手の塾などの場合はそういう傾向が強いので、応募する場合はできるだけ一般に就職活動用として使われるような履歴書を選んだ方が安心です。

慣れるまでは志望動機や自己アピールを考えるのは大変ですが、採用に繋げるためにはしっかり記入することが大切です。記入量が少ないとあまり良い印象は持ってもらえないので、スペースの7割から8割は埋めるように意識しておきましょう。

塾講師のアルバイトの履歴書の注意点って?

塾講師のアルバイトで履歴書を記入する場合、いくつか注意しておくべきポイントがあります。まず、当然のことですが、実際に記入する際には必ず黒色のボールペンを使用するということです。何を当たり前のことをと思う人もいるでしょうが、稀に鉛筆やシャープペンシルで記入している人もいるので注意しておきましょう。

鉛筆やシャーペンは消しゴムで消せたり擦れてしまったりする可能性があるので、避けるのが一般的です。また、ボールペンであってもインクがあまり出なくなっているものや、逆に出すぎてダマになってしまうようなものも避けるようにしましょう。

記入している途中で書き間違えてしまっても、二重線で消したり修正液を使用したりするのもマナー違反とされています。最後の方で失敗してしまうと、何とか修正したいと思いがちですが、面倒でも他の部分を含めて最初から書き直すようにするのがベストです。

修正したものをそのまま出すのは非常に失礼で、常識が無いと判断されてしまうこともあるので、誠実さ、堅実さを重視する塾講師のアルバイトではやらないことをおすすめします。

書き間違いを予防するためにも、一度下書き用の用紙に全て書いてみることをおすすめします。完成したらそれを見ながら実際に記入し、提出用の履歴書を完成させると、ミスや修正が出る可能性が低くなります。

さらに、履歴書は採用担当者に自分の人柄や適性を判断してもらうために提出するものなので、読みやすいように丁寧な字で書く必要があります。字が下手でも構わないので、ゆっくり丁寧に一文字ずつ書いていくことが大切です。

塾講師バイトに受かりやすい履歴書って?

塾講師のアルバイトは、親御さんからお預かりしたお子さん達に勉強を教えるという、責任重大なお仕事の一つです。このため、ある程度堅実で真面目な人柄が求められることが多く、履歴書においてもそういった部分をアピールしたほうが受かりやすいといえます。

そこで重要となってくるのが、志望動機を記入するスペースです。単純に時給が良いから講師をやりたいとか、勉強が得意だから講師に向いていると思うというようなことを書いても受かりやすいとはいえません。真摯に子供たちに向き合って、教育をしていくという意識が低いと見なされ、不採用とされる可能性が高いです。

採用担当者に好印象をもってもらうためには、なぜ塾講師を希望したのか、あなた自身の持っているスキルがどのようにこのアルバイトに活かせるのか、このアルバイトを通してどのようなスキルや経験を将来的に身につけたいのかといった内容を書いていくようにしましょう。また、記入する場合は抽象的にまとめるのではなく、できるだけ具体的に書くように心がけましょう。

どのような学科が得意なのか、どのような目的で働きたいと思ったのかなどを具体的に記入すると、採用担当者に強い印象を残すことができます。

時給が高い求人は競争率も高いので、履歴書に記入する内容で他と差別化を図ることが採用のポイントになります。基本的な項目だけでなく、趣味や特技欄、資格欄など全ての項目をしっかり埋めるようにしておきましょう。

アルバイトとはいえ、お金を受け取る以上は真面目に働く意思があることと、誠実な人柄をアピールしなければなりません。そのためのツールとして履歴書は非常に重要な存在で、採用担当者に選んでもらうためには、その内容を充実させておく必要があります。

ただ全ての項目を埋めればいいという事ではなく、学歴や職歴はもちろん志望動機や自己アピール欄まで丁寧に書くことが大切です。これらのポイントをしっかり押さえて、採用されやすい履歴書作りを目指していきましょう。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?