お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾バイトはスーツが絶対?服装のルールって厳しいの?

塾講師のバイトの気になる噂

塾バイトはスーツが絶対?服装のルールって厳しいの?

大学生はもちろん高校生にも人気のアルバイト、それが塾講師バイトです。時給が高く、やりがいがとても大きいのが、このお仕事が人気の理由です。しかしながら学生たちの前に立ち、教えなければならないので責任も重大です。

塾講師のバイトでも、書類審査は普通のアルバイトと同じようにありますし、もちろんそれなりの学力が必要で、面接だけでなく学力テストもあるでしょう。そうして全ての選考をくぐり抜け、見事採用された!明日から出勤だ、というときに、さっそく困るのが「どんな服装で行けばいいんだっけ?」ということですね。

塾バイトは絶対にスーツで行かないといけないの?

塾によってはアルバイトであっても、スーツ着用が義務付けられているところもあります。特に男性はスーツ着用、という塾は結構多いものです。きっと社会に出たらスーツを毎日のように着なければなりませんから、ちょっと早めの練習ということで、スーツを用意して着なれておくのは決して悪いことではないでしょう。

社会人になって初めてネクタイをつけようとしてうまく行かず、会社に遅刻というのは少し極端ですが、社会人になって初めてネクタイをつけるよりは、学生のうちから練習をしておいた方が安心ですよね。

ただ、大学帰りにそのままバイト先に行こうと考えている場合には、私服とスーツ、2つの服装を準備しておく必要がありますし、着替える場所も必要となるので煩わしさはあります。

一度家に帰ってからバイト先の塾に行くよりも、直接働きに行きたいという方は、講師用の更衣室があってスーツを置いておけるようなところを見つけ出すようにしてもいいでしょう。

今やほとんどの人が大学に進学する時代ですし、中学受験や高校受験をする家庭も多いです。その需要を満たすように、塾の数も全国に多数あります。講師の需要も高まっていますから、時給や待遇だけでなく、服装の面でも自由に選ぶことができるのです。

もちろん、望むところに講師として採用されるためには、学力テストをパスする必要がありますよね。希望するところがあるなら、高校までの勉強をもう一度軽くおさらいしておくことがおすすめです。そうすれば、自身の望む塾での講師になることが可能となるでしょう。

塾バイトに私服で行くのってどう?

基本的には服装はスーツというところが多いですが、私服可能という塾もあります。割合は大体6対4くらいの割合です。

わざわざバイトをするためにスーツを買うのはもったいないと考えるのであれば、服装が私服でも可というところを探し出しましょう。一番楽なのはユニフォームを支給してくれるようなところでしょう。それなら私服の上から羽織るだけで、塾講師の出来上がりです。服装を気にする必要もありません。

たとえ私服OKのところだとしても、スーツ姿に準ずる服装というのが必要というところは多いと思います。一般的にオフィスカジュアルと呼ばれる服装ですね。元々そういった服装が普段から好きな人はいいでしょうが、普段はジーパンや派手なデザインが好き、という方なら、やはり塾バイトにふさわしいものを購入しなければならなくなります。

私服OKだからといって、全くお金がかからないというわけでもないですし、ほぼ制服化したスーツファッション以上に頭を悩まされることになるかもしれません。友達の中で浮く場合には、やはり両方の衣装を持ち歩くしかなくなり、煩わしさは変わらないなんてことになってしまうこともあるのです。

塾バイトの服装のルールって?

学生たちの前に立つ以上は、講師であることがあきらかに分かるファッションは必要です。特に大人の講師と違って、大学生・高校生講師たちは教わる学生たちとそれほど年齢の開きがありません。そんな中で生徒との差別化という意味でも、少しかっちりしたお堅い、大人びている服装は必要なアイテムなのです。

塾ごとに服装のルールはさまざまです。ピアスや明るい髪の毛は駄目というところもあります。そうなると、せっかくあけたピアス穴を塞がなければならなくなりますし、髪の毛を染め直す必要も出てくるでしょう。逆に、本当に私服でも問題ないという程度のゆるいルールしかないところもあります。服のルールもまた塾選びの大切な要素なのです。

そうでなくても、高校や大学といった目標に向かって、とにかく勉強ばかりの毎日を送っているような学生たちの前で、流行のファッションに身を包み、アクセサリーをジャラジャラ付けて化粧もばっちり、といった講師はどのように写るでしょうか。決してそんな講師を学生たちは慕って付いてきてはくれないと思います。

参考になるのは、高校や大学の先生たちです。今まで教わった先生方もきっと私服OKとはいえ、教壇に立つのにふさわしい格好をしていたのではないでしょうか。カジュアル系が大好きで、それ以外の服は着たくないという方は、服装選びについてはよく確認した上で受けるようにしましょう。

そういう方は、今までは制服がメインだった高校生活から服装自由でおしゃれを満喫できると思っていた大学生活を、バイトの規則に縛られてすごすのはしんどいでしょう。

時給が高いうえにやりがいが大きいということで人気のお仕事ですが、最低限の学力が必要ですし、服装の面での締め付けというデメリットもあることは知っておきましょう。スーツ選びや私服の選び方が分からなかったら、近くの大人たちに聞いてみてください。社会人として、おすすめの格好についてアドバイスしてもらえるでしょう。

将来的にも役立つ情報なので、決して煩わしいルールとだけ思わず、あえて飛び込んでいってみるのもおすすめです。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?