お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ > 塾講師の気になる噂 > 塾講師のアルバイトの筆記試験ってめちゃくちゃ難しい問題がでるの……?

塾講師のバイトの気になる噂

塾講師のアルバイトの筆記試験ってめちゃくちゃ難しい問題がでるの……?

塾講師のアルバイトを始める際、面接だけでなく、筆記試験を突破しなければなりません。ここで受ける筆記試験は塾によって異なりますが、多くの塾では英語と数学の筆記試験を受けることになると思います。

塾の中でも、中学生の高校受験対策の塾が多いので、講師の採用試験の内容はおそらく中学レベルから高校受験レベルになっているはずです。そのため、簡単な復習をしておけば合格点に達することができるでしょう。

この試験は、あなたが講師として業務にあたる上で、最低限必要な学力が備わっているかを確認するものなので、適当に受けて良いというものではありません。ハイレベルの塾で講師になりたい、アルバイトをしたい、と希望する場合は、その難易度はさらに高くなることは覚悟しておかなければならないでしょう。

塾のアルバイトって筆記試験があるの?

塾でアルバイトを始める場合、人柄のチェックとして面接を受けます。ここでは、あなたがどういう人なのかということを確認されます。コミュニケーションに問題がなく、どうして講師になりたいのかや、このアルバイトを希望する理由を伝えられれば大きな問題はないでしょう。しかし、面接だけでは肝心の学力を確認することができません。

だから、それをチェックするために、ほとんどの塾では筆記試験が導入されています。筆記試験は英語と数学がメインとなっていることが多く、この2教科の結果を参考にすることが多いです。

この2教科である理由は、この2教科がほぼ間違いなく、すべての生徒が受験で使う重要科目だからです。塾に通いに来る生徒は、基本的に受験の対策をしに来ています。だから受験で重要なこの2教科のレベルが、アルバイトであっても講師として一定値以上でなければ、ほかの科目も指導が難しそうだと判断され、採用を断られることがあるでしょう。

塾講師のアルバイトの仕事内容は、生徒に勉強を教えることです。そのため、生徒に勉強を教えられる学力がない人を採用するわけにはいきません。せっかく塾にお金を払って勉強をしに来ているのに、勉強ができない人が講師になってしまうと、生徒やその保護者にも迷惑をかけることに繋がってしまいます。

そのため、筆記試験は重要なアルバイトの採用基準になるといえます。どこの塾にも導入されている採用方法なので、英語と数学はある程度復習してから受けに行くことがオススメです。アルバイト講師としての採用だからと手を抜いてくれるというわけではないので、ある程度の概要は学習して試験に臨むのが無難でしょう。

塾バイトの筆記試験って難しい?

筆記試験に関して、これは塾に通う生徒の目指す志望校のレベルによってその難易度が決定します。生徒が目指すのが、進学校や難関大学のようなハイレベルなところであれば、そのレベルに合った難易度となるでしょう。

しかし、そういった一部のハイレベルなところを除けば、後は中学生が高校受験の対策に授業を受けるというレベルの塾がほとんどです。英語も数学も中学レベルをクリアできる程度の学力であれば、簡単に試験を突破することが可能です。

どちらも中学1年生から中学3年生の範囲で、基礎レベルな問題が中心で出題されます。後半に入ると、標準問題から応用問題がいくつか出題されますが、難関高校の入試レベルではないので、安心して問題に取り組んでください。

講師のアルバイトを申し込んだ段階で、自分が理系なのか文系なのかを伝えておけば、どちらを重視すべきかを判断してくれます。理系であれば数学が、文系であれば英語が重視され、もう一方の科目は最低限できているかチェックされます。

さらに、今後、文系科目、理系科目のどちらの授業を講師として担当してもらうかの判断材料にもなるので、伝え忘れのないようにしなければなりません。

試験に出るのが中学レベルの問題であることから、復習にもそう時間はかからないでしょう。簡単な問題が解けるかを事前にチェックしておけば、自信を持って受けることができます。

塾バイトの筆記試験に合格するために必要なことは?

筆記試験に合格するためには、自分がまずどの程度講師として指導できるのか、学力がどれくらいなのかを知らなければなりません。受ける塾のレベルにもよりますが、最低限の学力が備わっていないと、筆記試験を受けても問題は解けず、不採用になってしまう可能性が高まります。

アルバイトなので、いろんなところで何度も挑戦しても良いですが、準備不足ではどの塾でも採用されるのは難しくなってしまいます。確実に採用してもらうためにも、まずは自分のレベルを確認し、その後に一定期間しっかり復習して基礎レベルを完璧にしておくと良いです。

自分のレベルを確認する方法としてオススメなのが、本屋の中学生向けの教材を見て理解できるかをチェックする方法です。基礎レベルが入っていれば、教材を見た瞬間に内容を理解することができ、頭の中で問題を解くこともできます。それをサッと確認し、理解できなかった部分がないか、苦手分野が存在したかが分かります。

その部分を全部思い出せるくらいに勉強すれば、筆記試験を受ける準備が完了します。注意として、ハイレベルな塾を受ける場合は、受験レベルの試験になる恐れがあるので、自分が希望するレベルを事前に確認するようにしましょう。それについては電話で確認することもできるでしょうから、ちょっと試験に自信がない、不安がある、という方にオススメの確認方法です。

塾でバイトをする場合は、仕事内容が生徒への授業となり、自分の学力がその塾の提供するサービスになります。ハイレベルな塾の場合は、採用試験とはいえどもそれなりに難しいので、必ず事前に問題のレベルを確認することが大切です。

その他に関しては、中学レベルの学力が備わっていれば、問題なく突破できるでしょう。しかし、バイト講師だとしても、生徒の人生に関わる仕事だという自覚をもって、しっかり準備をして筆記試験に臨むことをオススメします。しっかり試験を突破して、生徒の信頼を勝ち取れるいい講師になりましょうね。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?