お祝金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ塾講師の気になる噂 > 正社員の塾講師になるためには?

塾講師のバイトの気になる噂

正社員の塾講師になるためには?

「学力が上がった」「志望校に受かった」など、生徒の成長を間近で見られる塾講師の仕事に憧れを持つ方は多いのではないでしょうか。しかし、塾で正社員の講師として働くのは中々難しいとも言われていますよね?ここでは、「正社員の塾講師になるために必要となる資格」や「正社員として働くための方法」についてご紹介していきます。

正社員の塾講師になるために必要な資格はある?

まずは、塾で正社員の講師になるために必要な資格について見ていきましょう。一般的に正社員の塾講師になるためには「大卒資格」が必要とされていることが多い傾向にあります。なぜなら、講師自身に大学受験の経験があるかどうかというのが重要だからです。

また、医学部や理数系に特化した学習塾だと、「これらの分野の一般受験を受けたことがあるのか」という経験面についても重要視されることがあります。生徒の教育にたずさわる仕事ならではの条件ですね。

ただ、当然ですが、学習塾によって正社員の採用基準は異なります。正社員の塾講師になりたい方は、求人情報でしっかり募集要項などを確認するようにしましょう。

正社員として働くための方法は?

では、実際に正社員になるためには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、主に挙げられる2つの方法をご紹介します。

・講師募集の求人に応募する
求人サイトでは、正社員の塾講師求人を出している学習塾が多くあります。塾講師は募集要項を満たしていれば、業種・職種未経験でもできる仕事ですので、正社員として働きたい方は、ぜひ応募してみることをオススメします。

ただ、求人の中にはスクールマネージャーや教室長の募集もあります。この職種の場合は、教育にたずさわった経験があるか、マネージャー経験があるかを問われる可能性が高くなりますので、全くの未経験から塾講師を目指している方は注意しておきましょう。

・アルバイトからそのまま正社員登用を目指す
正社員の塾講師になるための方法の2つ目が、アルバイトから正社員を目指すことです。これは、塾側からしても安心できる採用方法になります。

その理由は、アルバイトでも講師の経験を積んでもらい、「講師職のいろは」を知ってから採用することができるからです。また、正社員を目指す側からしても、指導の仕方などはアルバイト時代で身に着けられますので、未経験から塾に入るよりもメリットがあると言えます。ただ、注意しておきたいのは、アルバイト先を探す時に「社員登用制度」がある学習塾を選ぶようにすることです。ぜひ覚えておくようにしましょう。

塾講師の採用試験はどんな内容なの?

正社員の塾講師になるために避けられないのが「採用試験」です。試験がどんな内容なのか、気になる方は多いでしょう。一般的に、塾講師の正社員採用試験の内容は以下の3つになります。

・筆記試験
・面接試験
・模擬授業

一つずつ見ていきましょう。

・筆記試験
筆記試験は学習塾によって内容が異なるのですが、たとえば中学生を指導する学習塾であれば、公立高校入試レベルの問題が多くなります。また、どれくらい正解していれば合格するのかについても、学習塾の種類 (個人指導or集団指導)によって変わるため、一概には言えません。ただ、いずれにせよ生徒に勉強を教える立場になりますので、正解率は高ければ高いほうがいいでしょう。

・面接試験
面接試験の内容は、基本的に一般の企業と同じです。「業界の志望理由」「ここで働きたいと思う理由」「自分の強み・弱み」等々になります。しっかりハキハキと答えられるように準備しておきましょう。

・模擬授業
模擬授業は、学習塾によって設けているところと設けていないところがあります。この試験では、声の大きさや板書の見やすさなど、講師として最低限の条件を見られます。ただ、採用試験では、基本的に筆記試験と面接試験が重視される傾向にありますので、この2つの対策をしっかり進めておくようにしましょう。

まとめ

塾講師の正社員は、簡単になれるものではありません。しかし、事前に勉強する、面接の対策をしておくなど自分の能力を高めることを怠らなければ、塾講師の正社員になれる可能性は大きく上がります。「塾講師の正社員として働きたい!」という方は、ぜひここでご紹介したことを参考にしながら、塾講師を目指していってくださいね。

塾講師を目指す君へ

  • 塾講師の仕事内容
  • 塾講師になってみよう
  • アルバイト面接必勝法!
塾講師のマストアイテム Jこうしスタンプ
スマホサイトが使いやすくなった!?