必ずもらえる!採用祝い金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ塾講師JAPANからの気になる噂 > |塾講師アルバイト・バイト情報なら塾講師JAPAN

塾講師JAPANからの気になる噂

塾講師JAPANからの新着情報や気になる噂を掲載しています。
日頃より塾講師JAPANをご利用いただき、誠にありがとうございます。

塾講師JAPANでは、現在、「急募の求人への応募で500円をプレゼント」というキャンペーンを実施しています。
(参考)キャンペーンURL:https://www.jukukoushi.jp/congratulatories/lpkyubo/

現在、冬期講習前に講師の需要が高い塾様は、求人を「急募」に設定していただくと、通常よりも多くの応募が集まる可能性がございます。つきましては、この機会に「急募」サービスを積極的にご利用いただければと存じます。

【急募サービスの概要】
・急募欄への掲載および付随するサービスの利用は無料
・1採用あたり、通常の利用料に追加で10,000円 (成果報酬型)
※教室ごとの急募設定は、塾管理画面より直接行っていただけます。

今後もサービスの充実を図って参りますので、引き続き塾講師JAPANをご利用いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
塾講師JAPANではこのたび、「主夫・主婦歓迎」「シニア歓迎」を、塾管理画面から登録できるそれぞれの教室の「歓迎」の条件に追加しました。これにより、登録いただいた求人は「主夫・主婦歓迎」「シニア歓迎」の条件から検索することができるようになります。
※登録は塾管理画面から行ってください。
※既存の「大学生歓迎」「理系歓迎」などと同じところにチェック欄がございます。

近年は、子どもたちへの指導経験がある主婦(主夫)やシニアを積極的に活用しようという塾様も少なくありません。一方で、一定以上の年齢の方で、これまでの経験を活かして塾業界で働きたいという方も多くいらっしゃいます。

主婦(主夫)やシニアの方を採用される予定がある塾様は、「記事・情報の変更」の「メリットと特徴」から「主婦・主夫歓迎」「シニア歓迎」にチェックをお願いいたします。

チェックを入れると応募者の方がこの特長をもとに検索することができるようになるため、主婦(主夫)やシニアの方に見つけてもらいやすくなり、今まで以上の応募が期待できます。

今後もサービスの充実を図って参りますので、引き続き塾講師JAPANをご利用いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

塾講師JAPAN事務局

 
バイトの応募はまず履歴書を書き、送付することから始まります。その後にある面接や筆記試験が採用試験の本番だと思われがちですが、履歴書を書く時からすでに採用試験が始まっていると考えなければなりません。ここでは履歴書用封筒の書き方や送り方、渡し方などのマナーをご説明します。

 

履歴書用封筒の「サイズ・色」

履歴書用封筒のマナーで大切なことは「封筒のサイズと色」です。

履歴書は大切な書類ですので、余計な折り目をつけないよう、基本的に封筒はA4サイズが入る角形2号(角2)のものを使用します。

封筒の色は一般的に「白」が好ましいです。白以外の色や柄物がダメなのは勿論ですが、できれば茶色も避けてください。理由は、茶封筒の方が安価で、中に入っているものを重要視していないような印象を与えるからです。

 

履歴書用封筒のマナー「履歴書の正しい入れ方」

封筒に入れる際は履歴書を真ん中で左右二つ折りにします。市販されている履歴書はA3サイズやB4サイズのものを二つ折りし、A4サイズやB5サイズとなっています。もともと二つ折りになっているので、それ以上折り曲げないということです。折り目が付くと読みにくくなるので、履歴書は折らないのが原則です。

折れ曲がったりしないよう履歴書をクリアファイルに入れ、それをA4サイズに対応した角形2号の封筒に入れます。この時使用するクリアファイルは、ロゴなどがついているものや、色付きのものは避け、必ず透明のものを選びます。

封筒には表に宛名の郵便番号、住所、会社名を、裏の左下に自宅の郵便番号、住所、氏名を黒のサインペンで記入します。住所は都道府県を省略してはいけません。会社名、担当者名は住所より大きな文字で書きます。

 

履歴書用封筒には「履歴書在中と記載する」

履歴書を送る時の封筒には、「履歴書在中」と記入する必要があります。記入する場所は、封筒の表面の左下です。文字は赤色のボールペンで書きます。定規を使用して、文字の周りを四角で囲んでおきましょう。

企業には多くの封書が届きます。「履歴書在中」と記入して目立たせることで、受け取る側が、重要な応募書類(履歴書)が入った封筒であることを認識しやすくなります。

 

履歴書用封筒を「持参する場合のポイント」

面接当日に履歴書を持参する場合、履歴書は折り曲げないということが大事です。カバンの中で折れ曲がったりしないように、まずクリアファイルに入れます。そして、クリアファイルごと封筒に入れます。封筒が汚れたりしないよう、さらにクリアファイルに入れておけば完璧です。

封筒に宛名は書く必要はありませんが、表面の左下に赤字で「履歴書在中」と記入し、文字の周りを定規で四角く囲みます。裏面には、左下に黒字で自分の郵便番号、住所、氏名を記入します。

受付で履歴書を提出する場合には、封筒のまま提出します。一方、面接官に直接手渡しする場合もあります。面接官が先に部屋の中にいる場合又は同時入室する場合には、面接官の前で封筒から履歴書を入れたクリアファイルを取り出して、クリアファイルごと面接官に渡します。

面接官が後から入室する場合には、封筒から履歴書を入れたクリアファイルを取り出して、封筒の上にクリアファイルに入れた履歴書を重ねて机の上になどに置いておきます。そして、指示があったら面接官にクリアファイルごと履歴書を手渡します。

いずれの場合も渡す時は、面接官の読みやすい向きに相手の目を見て両手で手渡します。お辞儀をして一言挨拶を添えて渡すことも大事です。

 

まとめ

読みにくくなる可能性があるので、履歴書は必要以上に折り曲げないのが原則です。真ん中で二つ折りしA4又はB5サイズになったものを透明のクリアファイルに入れます。それを角2サイズの封筒に入れ、表には企業側の郵便番号、住所、会社名、担当者名等を、裏の左下に自宅の郵便番号、住所、氏名を黒のサインペンで記入します。住所は都道府県を省略してはいけません。表の左下には「履歴書在中」と赤のボールペンで書き、定規で四角く囲みます。

予め送付するのではなく面接時に持参する場合もあります。この場合は企業側の住所等は記入する必要はありません。渡す時のマナーも大事です。好印象を持ってもらえるような渡し方を心掛けて下さい。
履歴書写真は採用されるか否かの第一歩になります。まだ面接をしていない段階では、写真は応募者の印象を知る唯一の手掛かりになります。応募したバイトに採用されるためにも履歴書写真についてのマナーは知っておかなければなりません。

 

履歴書写真の基本ルール

履歴書用写真の基本のサイズは「縦4cm×横3cm」ですが、指示された大きさをきちんと守るようにしましょう。

写真の色は、特に指定がない限り最近は「カラー」が一般的となっています。スナップ写真などを切り抜いて使うのはもってのほかで、証明用の写真ボックスを使うか、できれば写真館(写真スタジオ)で撮ってもらいましょう。

撮影に自信があるなら、最近ではスマホのアプリでも証明写真に対応し、自撮りをしてコンビニなどで印刷できるものもあります。

しかし、その際も背景には注意しましょう。白や青などの場所を選び、カレンダーなど余計なものが写らないようにします。上半身のみが写るように椅子に座って、三脚等で位置を調整しましょう。

 

履歴書写真の「服装・髪型」

履歴書写真は、第一印象を決める非常に重要なものです。どんなに履歴書の内容がよくても、写真で悪い印象を与えてしまうと不採用にもなりかねません。好印象を与え採用に繋げるために、押さえておきたいポイントを紹介します。

服装はスーツで撮影するのが無難です。スーツではない場合も、男性は襟付きのシャツ、女性は明るめのブラウス等、清潔感がある服装にします。

髪の毛は黒髪か、濃い茶色が無難で、アシンメトリー(左右非対称)な髪型や個性的すぎるパーマは控えます。

女性の場合の髪型は、顔(特に目)に髪の毛がかからない程度にし、肩より長い方はまとめます。男性の場合は顔のラインが出る程度の短髪にします。髭はしっかり剃ってから撮影して下さい。

 

履歴書写真の「姿勢・表情」

履歴書写真は、その方の印象を左右します。撮影する時に表情や姿勢に注意すれば、よい印象を与えられる写真になります。

まず表情は、目を細めたりせず、軽く顎を引き、歯の見えない程度に口角を上げて微笑むのがよいとされています。顎を引きすぎてしまうと、上目づかいの表情になってしまうので注意して下さい。

微笑むのが苦手な方は、鼻から息をゆっくり吐いて、口角が自然に上がるように意識すると、自然に微笑むことができます。

また姿勢は、猫背にならないように注意して正面を向き、両肩を開くイメージで背筋を伸ばして胸を張ります。そして、片方の肩があがらないように注意します。自分では左右の肩の高さが同じになっているつもりでも、揃っていないこともあるので、カメラマンの指示に従って調節する必要があります。椅子に座る際には、かかとをつけてまっすぐ座ることを意識して下さい。

 

履歴書写真の「メイク・アクセサリー」

履歴書写真では、メイクやアクセサリーなどにも気を遣いましょう。女性の場合、ノーメイクで写真を撮ると健康的な印象になりません。きちんとメイクしてから撮りましょう。ただし、チークや口紅は落ち着いた色合いを使い、清潔な印象になるように気を付けることが大切です。

つけまつげやアイシャドーなども派手すぎないように、ほどほどにすることが大事です。

アクセサリーは、小さめのピアスやイヤリングなどなら大丈夫ですが、大ぶりのものや、派手なアクセサリーは着けないようにしましょう。できれば、外して撮影することをおすすめします。

普段目が悪くて眼鏡を使っているならそのままで大丈夫ですが、帽子は着用しないのが基本です。全体的に、落ち着いた印象になることを意識しましょう。

 

履歴書写真で注意すること

履歴書写真の基本サイズは縦4cm×横3cmで、特に指定のない限りカラーが一般的となっています。写真スタジオで撮影してもらうと、きれいに仕上げてもらえます。

服装はバイトであってもスーツが望ましいです。髪型は目にかからないように注意して下さい。女性で長髪の場合はまとめるようにします。

椅子に深く座り、正面を向き歯が見えない程度に微笑むことも大事です。姿勢は背筋を伸ばして顎を引き、特に左右の肩の高さが揃うように注意しましょう。

▲ページの先頭へ

お祝金 必ずもらえる!採用祝い金 必ずもらえる!採用祝い金

大人気!!おすすめ学習塾

塾講師を目指す君へ

塾講師の相談室

未経験でも教えられますか?

未経験でも教えられますか?
多くの塾が未経験者を歓迎しています。 高校生や理系…

どんな服装で働くのですか?

どんな服装で働くのですか?
塾によってまちまちなので、サイトの写真を参考にして…

掛け持ちは可能ですか?

掛け持ちは可能ですか?
他のアルバイトや部活・サークルとの掛け持ちも可能です…

何歳くらいまでが応募可能?

何歳くらいまでが応募可能?
求めている人材は塾によって異なるため、直接聞いてみて…

どの世代の人が多く働いてる?

どの世代の人が多く働いてる?
個別指導塾では大学生のアルバイトが多く、集団指導塾では…

≫一覧はこちら

塾講師バイトの気になる噂

≫一覧はこちら

「塾講師JAPAN」は
塾講師のアルバイト/バイト求人募集の掲載数で日本最大規模。東京、大阪だけでなく、広く全国の塾の講師アルバイト/バイト案件を網羅しています。日本全国の「塾で働きたい!」みなさまを支援する塾講師専門サイトです。個別指導、集団指導の選択や未経験者歓迎など、あなたにピッタリの学習塾が見つかるはずです。
デザインや機能面にもこだわり、使いやすさも抜群!ご利用はもちろん無料で、応募もサイト登録なしで行えます。大人気で高時給の塾講師のアルバイト/バイト求人を見つけてください。
Jこうしのお部屋