必ずもらえる!採用祝い金

塾講師アルバイトの求人募集情報トップ塾講師JAPANからの気になる噂 > |塾講師アルバイト・バイト情報なら塾講師JAPAN

塾講師JAPANからの気になる噂

塾講師JAPANからの新着情報や気になる噂を掲載しています。
平素は塾講師JAPANをご利用くださり、ありがとうございます。

8月1日にリニューアル・有料化いたします「急募サービス」につきまして、
管理画面マニュアルに掲載をいたしました。詳しくは、管理画面トップの
「塾管理画面 操作マニュアル」のP14 ~19をご確認ください。

今後とも、塾講師JAPANのご利用のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

塾講師JAPAN事務局


塾のアルバイトに採用されるまでには、履歴書を提出したり面接を受けたりするのが一般的です。その中で塾側が特に重視するのは志望動機といわれています。資格や学歴などは事実を伝えるだけ良いですが、志望動機はそれほど単純ではありません。

考え方などの内面が垣間見えるので、合否に影響を及ぼす可能性が高いのです。しかし、どのような志望動機が良いのか分からない人もいるでしょう。そこで今回は、志望動機に関するポイントを紹介します。

塾アルバイトで採用されやすい志望動機は?

塾のアルバイトは、他のアルバイトとは異なる点がたくさんあります。その中でも特に大きいのは、他人の人生に関わる責任のある仕事だということです。そのため、生徒の成績を上げるという信念を持って働くことを求められます。

その信念を強く感じさせる志望動機を考えると、塾側に好感を持ってもらいやすいです。たとえば、自分が塾のおかげで合格できた経験があるなら、恩返しの気持ちを志望動機にすると良いでしょう。また印象に残っている講師がいるなら、その講師とのエピソードを盛り込むのもおすすめです。

教員を目指していることも志望動機として有効です。講師になって指導経験を積みたいことを伝えると、熱意を持って取り組んでくれると期待されやすいです。ただし、注意しなければならない点もあります。将来の目的のための単なる通過点と考えている印象を与えてはいけません。

採用してもらうからには、塾に貢献しようという姿勢を見せる必要があります。塾のために頑張りながら経験も積んでいきたいと伝えると良いでしょう。また教員を目指すほどではなくても、勉強を教えるのが好きな人も多いです。そのような場合は、勉強を教えたいことを志望動機にしても構いません。さらに指導方法を工夫したいことなども伝えると印象が良くなりやすいです。

逆に塾講師のアルバイトに落ちやすい志望動機は?

塾のアルバイトを始める本当の理由として、お金を稼ぎたいと考えている人は多いでしょう。しかし、そのことを包み隠さずに伝えるのは避けた方が良いといえます。お金を稼ぐことだけが目的なら、必ずしもその塾を選択する必要はないからです。

同じぐらいの給料を貰えるアルバイトなら、他にもたくさんあるでしょう。つまり、その塾を選択した説明としては説得力に欠けています。塾側はなぜ応募してきたのか納得できない可能性があります。もっと給料の良い塾を見つけたら、すぐに移ってしまう恐れを感じさせてしまうかもしれません。そうなると採用されるのは難しくなります。

そのため、お金を稼ぐことが本当の目的であっても、別の志望動機を用意しておいた方が安全です。しかし、本心からかけ離れていることを志望動機にするのは危険です。志望動機を伝えると、多くの場合はそれに関する質問を受けるからです。その質問に答えるときに、本心でないと勘付かれると追及を受けることになるでしょう。

そして志望動機が偽りのものだとばれると、落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。たとえ面接は無事に通ったとしても、働き方などから志望動機が嘘だとばれると関係性が悪くなってしまいます。そのような理由もあり、面接の段階で嘘をついている人物を塾側が採用しようとしないと考えられます。

塾のアルバイトってどんな人が受かりやすい?

塾は採用した講師にすぐに辞められると困ります。新たな講師を探さなければならなくなり、もう一度、採用活動を実施する必要があるからです。活動には費用がかかりますし、時間も確保しなければなりません。

新人講師への導入教育を済ませた後に辞められると、さらにダメージは大きくなります。教育の費用や時間が無駄になるからです。再募集をしてすぐに講師が見つからなければ、その間は講義を行えなくなる可能性があります。

また学期がスタートすると、その学期中に講師が変わるのは避けたいと塾は考えています。講師が頻繁に変わっていると、生徒は講師の方針の違いにより混乱してしまい、結果的に辞めてしまうという生徒もいるでしょう。

このような理由から、講師がすぐに辞めると塾経営そのものに損害が生じますし、評判も悪くなってしまう恐れがあります。そのため塾アルバイトで受かりやすくするには、すぐに辞めると感じさせないことが大切です。講師を長く続けてくれそうな人物だと判断されると、採用してもらえる可能性が高まるでしょう。

講師の仕事が好きとアピールするだけでなく、働き続けやすい理由を伝えるのが効果的です。たとえば講義の時間が、ライフスタイルの中で空いている時間帯に該当するなどの理由が良いでしょう。他にも塾が自宅から近いなど、無理なく働けると感じさせるのがおすすめです。

まとめ

今回紹介したポイントに注意すると、効果的な志望動機を考えやすくなるはずです。しかし、その前に行った方が良いことがあります。それは自分を見つめ直すことです。しっかり自己分析を行い、自分の学力やスキルを把握しましょう。それを踏まえた上で、講師のアルバイトに対して感じる本当の気持ちを明確にしてください。

強い意欲や漠然とした不安などを感じることがあるでしょう。それを明確にした方がリアルな志望動機を考えられるので、真剣な気持ちを伝えやすくなります。



塾講師の研修では一体何が行われるのでしょうか?塾講師のアルバイトに限らず、研修を受けてから現場に入り、ようやく本格的なアルバイトが始まるというのが一般的です。もちろん塾講師のアルバイトも、他のバイトと同じような流れで現場に入ることになります。この研修は塾によってやることが変わっており、どこでアルバイトをしても同じというものではありません。

塾と自分との相性によっては物足りないと感じたり、アルバイトにここまでしっかり教えるのかと感じたりするケースもあるでしょう。塾のアルバイトに入る前の研修では何が教えられ、何が身につくのか、それを知っておくことで研修に対するイメージがつきやすく、不安も解消されるので、安心して塾講師バイトに申し込むことができますよね。

塾のアルバイトの研修って何をするの?

塾のバイト研修で教わることは、生徒への指導方法や授業の進め方、保護者への接し方など多岐にわたります。集団塾の場合には、いきなり授業をやるわけではなく、生徒にどのような接し方をするべきかを見るため、授業を見学するケースもあります。そして、模擬授業をやっていき、研修が終了すればいよいよ授業を受け持つことになります。このため、集団塾の場合には研修にある程度の時間を取り、クオリティを確保した上で授業をします。

個別指導塾の場合、授業の進め方や報告書の書き方などのことを教えられるものの、模擬授業を何度もこなして、それから本格的に始めるというケースはあまり多くはありません。ただ、講師1人につき、本来は生徒が3人ないし4人というところでは、最初は生徒2人にする、もしくは1人にするなどの配慮があります。これが実質的な講師の研修期間ともいえるもので、教室全体でサポートし、先輩にアドバイスをもらうこともあります。

アルバイトをする塾によっては、授業に関することと同じくらいしっかりと報告書の書き方に対する指導がされることがあります。報告書は各家庭に郵送されることもあり、その内容によって教室への家庭への印象に影響が出るためです。

研修を受けて身につくことは?

塾のアルバイト研修では、それぞれの塾のやり方で教えることができるよう、指導をしていきます。塾によっては専用のテキストがあるため、それに沿ってアルバイトも社員も同じように授業を進めていくこともあれば、どのテキストを使うかはそれぞれ自由というところもあります。

そうなると、個々のアルバイトによって力量が異なり、指導力に差が出ることが考えられます。それをよしとしないところでは、そこを強化する研修が行われ、研修期間が終わった後も指導を受けていくことになります。

塾講師のアルバイト研修を受けて身につくもののひとつに、責任感があげられます。講師のアルバイトになりたての人の中には、生徒にとって身近な存在になろうとする人がいます。その考え方自体は間違っていないのですが、生徒との距離が近すぎるため、メールアドレス、今の時代だとSNSのIDの交換などをして交流を図るところまでいくと、少し行き過ぎていると判断されます。

アルバイトとはいえ、生徒やその保護者からは社会人としての振る舞いが求められており、研修ではその部分が徹底して教育されます。最初は生徒にとってのお兄さんお姉さん的な存在になろうと考えていた人も研修を受けると、その指導は方向が少しずれたものだと気づくことが多いようです。

研修は授業を担当する前だけではなく、講師の仕事に慣れてきている方にも定期的に実施されます。これは採用されてある程度時間が経っている人に対して、導入研修で学んだことがしっかりと身についているかどうか、定着しているかどうかを確認することを目的としています。

塾講師アルバイトの研修前にやっておくことは?

事前にしておくべきことはあまりなく、まずは言われたことを素直に聞き、実践していくという気持ちがあれば大丈夫です。

また、確認したいことがあれば、事前に質問をいくつか用意しておくことも必要です。実際に教室や先輩講師の働く姿を見て疑問に思ったことを質問したり、仕事についてわからないことがあれば、それを質問したりしてみましょう。

もちろん、面接段階でも気になることがあれば質問していくべきですが、面接段階の質問とそれ以降の質問は意味合いが違います。研修段階での質問は、実際に講師として働くにあたっての質問なので、授業への取り組み方などの質問が多くなるでしょう。

できるだけ多くの質問をすることであなたの疑問が解消され、塾講師のバイトとして働くことへの不安が小さくなっていくはずです。

 



塾講師としてアルバイトをしたいと考えるならば、塾が実施する採用試験に合格しなければなりません。採用試験には講師として生徒に教えられるくらいの学力があるかどうかを試す教科の試験(筆記試験)と、講師として相応しい人物かどうかを判断する面接試験があります。

また、教科の試験、面接試験をおこなう前に、書類選考がある場合もあります。塾講師のアルバイトをしたいという人には、大学生や社会人、講師の経験者など、あらゆる方がいます。志望人数が多すぎるときに、その全ての方に対応するのは塾側も大変なので、最初に書類選考をおこなうというわけです。

塾講師バイトの書類選考は厳しい?

塾講師アルバイトの書類選考に合格するためには、自分のアピールポイントを書くことが大切です。作成する履歴書は、パソコンで作成するよりは、きれいな字で手書き作成する方が良いとされています。書類選考は採用試験の第一段階です。大事なポイントをおさえ、志望動機や自己PRなどに熱意を込めて伝えることができれば大丈夫でしょう。

文字を書き損じてしまったら、修正液は使わず、もう一度新しい履歴書に手書きで書き直すことが望ましいです。字がきれいである必要はありませんが、できるだけ丁寧な字で作成することが重要なポイントです。

志望動機も熱意が伝わるような文章で丁寧に書きましょう。また、週どのぐらい仕事ができるかといった勤務時間や曜日については、きちんと書くこともポイントの一つです。募集の曜日や時間をよく見て、できるだけ合わせられると良いでしょう。

また履歴書には写真を貼る場所がありますが、ここには男性の場合はスーツでネクタイを着用した写真が好ましいです。写真を撮影する前は、ネクタイの曲がりや髪型の乱れがないかという細かいことにも配慮が必要です。なるべく書類の送付日に近い、新しい写真を使うようにしましょう。

塾のアルバイトは採用テストがあるって本当?

塾講師のアルバイトでは、生徒に教科の指導をしていかなければならないため、通常は採用試験(講師担当教科の学力を見るための筆記試験)があります。集団授業か個別指導かを問わず、採用試験はおこなわれます。特に中学レベルの英語や数学を担当できる講師の採用試験を実施している塾が多いです。

中学レベルといっても、塾に通うレベルの生徒が目指すのは高校受験での志望校合格ということが多いはずです。ですから、その入試問題が解けるようにしておくことが必要です。英語や数学以外の国語や社会、理科の講師になることを第一に希望していたとしても、英語か数学プラス国語、社会、理科というかたちで指導をすることもあるでしょう。これは塾では英語や数学を指導してほしいという生徒が多いためです。

現役の大学生は、そういったいわゆる受験勉強を終えてから日が経っていないため、採用テストに関しては有利といえます。現役の大学生を歓迎している塾も多いですが、もちろん大学を卒業して遠ざかってしまった場合でも、応募できる塾のアルバイトはあります。

長年、実際の現場で指導にあたっていた元講師の方や、塾以外の指導の場、例えば学校などで教科の指導をしていた先生などが、実際に塾で指導をしている場合も当然あります。

これは塾にもよりますが、学校を卒業してから長い時間が経っていたり、教科の指導とはあまり関係ない仕事をしていたりして、教えることにはブランクがある方でも、採用試験がきちんとできれば仕事ができる塾もあります。

塾講師のアルバイトになるための面接ではどんなことを聞かれる?

塾のアルバイトの面接は、筆記試験と同じように採用試験のひとつとしてしっかりと答えられるようにしておくことが大切です。まず、なぜ塾講師を希望したのかということは当然聞かれると思っておいてください。

それぞれ志望動機は異なりますが、どうして講師になりたいのかという動機をはっきりと熱意を持って伝えられるかが大切です。例えば、大学生であれば教師を目指しているからなどの志望動機が作りやすいですね。自分が大学生か、社会人か、塾や学校で教科の指導を過去にしたことがあるかなど、今の状況にあわせて志望動機を考えておくことが大切です。

志望動機以外に面接で答えなければならないのは、自己紹介をしてください(自己PRをしてください)、というものです。大学生であれば、学校名やサークルなどで得た経験、部活のエピソードなどを交えて、このようなことを指導に活かしたいと考えておくことが大切です。

社会人であれば、学校を卒業してからどのような仕事をしてきたのか、どのような教科の指導をしてきたのかということを考えながら、生徒の指導方法と結び付けて考えておくことが大切です。

いずれにせよ、あなたの特徴、強みを面接官にさりげなくアピールすることで、アルバイト合格へぐっと近づくでしょう。

また、自己紹介の他にも、特技や趣味について、ほかに応募している塾(ほかの仕事)について、前のバイト(仕事)を辞めた理由について、いつから勤務可能か、週どのぐらい勤務可能か(何時間勤務が可能か)などの質問は想定しておくことがおすすめです。

まとめ

塾で講師アルバイトとして仕事をするためには、書類選考、採用テスト(筆記試験)、面接試験があります。塾によっては書類選考があったりなかったりしますが、志望動機や自己PRについて、どのように指導していくかを関連付けて作成することがポイントです。採用テスト(筆記試験)では特に英語や数学などの試験が多いでしょう。

面接試験においては、志望動機や自己紹介(自己PR)については必須事項と考えておきましょう。熱意をこめて、はっきりと面接官に伝えることが塾講師のアルバイト合格を引き寄せるでしょう。

▲ページの先頭へ

お祝金 必ずもらえる!採用祝い金 必ずもらえる!採用祝い金

大人気!!おすすめ学習塾

塾講師を目指す君へ

塾講師の相談室

未経験でも教えられますか?

未経験でも教えられますか?
多くの塾が未経験者を歓迎しています。 高校生や理系…

どんな服装で働くのですか?

どんな服装で働くのですか?
塾によってまちまちなので、サイトの写真を参考にして…

掛け持ちは可能ですか?

掛け持ちは可能ですか?
他のアルバイトや部活・サークルとの掛け持ちも可能です…

何歳くらいまでが応募可能?

何歳くらいまでが応募可能?
求めている人材は塾によって異なるため、直接聞いてみて…

どの世代の人が多く働いてる?

どの世代の人が多く働いてる?
個別指導塾では大学生のアルバイトが多く、集団指導塾では…

≫一覧はこちら

塾講師バイトの気になる噂

≫一覧はこちら

「塾講師JAPAN」は
塾講師のアルバイト/バイト求人募集の掲載数で日本最大規模。東京、大阪だけでなく、広く全国の塾の講師アルバイト/バイト案件を網羅しています。日本全国の「塾で働きたい!」みなさまを支援する塾講師専門サイトです。個別指導、集団指導の選択や未経験者歓迎など、あなたにピッタリの学習塾が見つかるはずです。
デザインや機能面にもこだわり、使いやすさも抜群!ご利用はもちろん無料で、応募もサイト登録なしで行えます。大人気で高時給の塾講師のアルバイト/バイト求人を見つけてください。
Jこうしのお部屋